2020年03月25日

堀内 健太郎 先生

桜の季節IMG_20200324_200502.jpg
この季節になると桜の開花宣言がいつになるか楽しみになります。私は五ヶ瀬町にある浄泉寺の枝垂れ桜がお気に入りです。夜のライトアップに浮かぶ樹齢約300年の桜は幻想的で素晴らしいです。
同じ場所に立っている桜を見ていると、桜もまた桜を見る人達を見ているのではないかと想像してしまいます。タイムラプス(微速度撮影)のように、江戸時代から花見に来る人を桜は毎年見続けている存在なのかもしれません。
この春には46年目を迎える日向高校もまた生徒である皆さんを見守り続ける存在です。それぞれの進路に向かって努力を続ける皆さんを静かに応援しています。私は、貴方が在学中も卒業後も日向高校生というプライドを持ち続け、近い将来、地元や宮崎県、九州、海外の〇〇には日向高校出身のすごい技を持つ人あり。という話題を母校にもたらしてくれることを期待しています。
そのためには自分を深く見つめ、どんな進路選択をすれば良いのかを知る。これが夢や目標に繋がるのではないでしょうか。後はそれに向かって努力するだけです。
春休みに入りましたが、何かに夢中で取り組んでいますか。時間の管理も努力で変わることの一つですよ。
つい先日、卒業生が「後期試験で〇〇に受かりました」と報告に来てくれました。嬉しかったですね。
1年後、2年後の桜の季節に「私、〇〇に行きます!」って聞かせてくださいね。楽しみに待っています。みんな今までありがとう。
化学 堀内健太郎




堀内先生2.jpg堀内先生1.jpg
posted by 日向高校 at 12:40| 日記

菅 拓郎 先生 

本校10年勤務、高鍋高校へ
doc08358320200324084006_001.jpgIMG_2808.JPGdoc08358520200324084045_001.jpgIMG_2512.JPGIMG_7223.JPG

 日向高校で10年間の時が経ちました。私が日向高校に赴任した時は28歳。当時の校長先生から、「30代を日向高校で精一杯頑張ってほしい」と言葉を頂きました。その言葉を胸に、そこから10年間、36期生、39期生、42期生そして45期生と、黄名札の学年をずっと担任をさせてもらいました。その当時の校長先生の思いに、少しでも応えることができたかなと思っています。今、こうして10年分の思い出を持つことができたのも、素直で素晴らしい生徒達の笑顔に囲まれ、保護者の方々に支えられ、そしてチームワーク抜群で生徒思いの先生達に支えてもらえたからこそだと思っています。
 また、野球部のグラウンドで過ごした時間も、この10年間で大切な時間でした。自分自身が学生の時にいろんな事を学ばせてもらった野球に、再び関わることができました。目標に向かって頑張る選手の姿、影で支えるマネージャーの姿に、勇気と感動をもらっていました。日向高校野球部がこれから更に活躍してくれることを、心から願っています。
 日向高校では楽しい思い出に溢れた10年間を過ごすことができました。日向高校で出会えたすべての人に感謝の思いでいっぱいです。正直なところ、45期生・F科9期生のメンバーの卒業まで見てあげられないことが、とても心残りです。ですが、日向高校のことはいつまでも応援しています。日向高校の活躍の便りが届いてくることを願っています。
10年間ありがとうございました。
posted by 日向高校 at 12:34| 日記

田中 直文 先生

田中先生.jpg国語科の田中直文です。日向高校に七年間お世話になりました。日向高校での生活を振り返ると一番力を入れていたのはやはり授業になります。毎時間、どのように伝えれば上手く伝わるかを考えながら努力を重ねてきました。授業がこんがらがる事もよくありました。2組と5組の皆さん、ごめんなさい。上手く教えられたかどうかわかりませんが、自分らしく頑張ることはできたと思います。次に頑張ったことは、小論文や集団討論の指導です。毎年少人数ではありましたが、受験生の指導に関われたことで、3年生の本気の努力を間近で見ることができました。高校三年間の中で一人一人が進路を真剣に捉えて成長していく姿に私自身が励まされてきました。日向高校で学んだことを次の学校でも生かすことが、関わってきた生徒への感謝の気持ちを表すことだと思います。次の場所でも頑張ろうと思います。

posted by 日向高校 at 12:32| 日記